事例紹介

静岡学園中学校・
高等学校様
静岡県静岡市

プログラミングを選択式の特別授業として導入。
ITへの関心が強い生徒のITスキルを育成。
静岡学園中学校・高等学校学び支援課山本岳弘先生

これからの社会で活躍するためにはITスキルは必須
ゲームプログラミングを通しITに触れるきっかけを作りたい

静岡学園中学校・高等学校では、『真のエリート・真のリーダーの育成』を教育理念として掲げています。本校が考える「真のリーダー」とは、自分の力で深く考え決定出来る人であり、まわりの人と意見を交換しながら責任を持って行動し、他者のために努力を惜しまない人です。この教育理念を達成するための生徒個人のベースの力として、ITスキルが必須となってきます。

現代のようにテクノロジーが目まぐるしく発達しつつある現代でも、まだまだスマホのようにフリック入力だけで仕事が出来る環境は少なく、ブラインドタッチでタイピングをするような基礎的なITスキルは必須だと実感しています。また、入試や国家試験、就職試験等がPC入力で行われていたり、面接も今どきはオンラインで実施されたりと生活や進路の決定など重要な場面でも基礎的なスキルは求められます。

そのような社会背景の中、これからのIT社会で求められるスキルを身に着けてほしいと考えていますが、全ての生徒がITへの関心が高いわけではないため、どのように生徒の関心をITへ向けるかという点が本校としての課題でした。

その課題を解決する糸口として、実際にモノが動く喜びを実感出来る「ロボットプログラミング」や、スクラッチを活用しオリジナルのゲームを作って遊ぶことの出来る「ゲームプログラミング」は楽しみながら自然とITに触れられるため、生徒のITへの関心の間口を広げるという点では最適だと思い、エデュケーショナル・デザインへプログラミング講座の委託を決定しました。

先生

選択授業に応募生徒が集中し、定員枠が足りなく程に
5年間の取り組みの中でIT教育の需要拡大の目の前で体感

本校では2016年よりエデュケーショナル・デザイン株式会社と一緒に『SGT』(Shizugaku Golden Timeの略称)と呼ばれる「知的好奇心を原動力に、自ら選んで学ぶ」をコンセプトとした本校の特別講座枠の時間にプログラミングの講座を実施しております。2016年当時を振り返りますとITへの注目度は今と比べると、まだまだ社会的に生徒の関心の度合いはそこまで高くありませんでした。ですから導入当初はプログラミングの講座に関心を持つ生徒がどれくらいいるのか、全国の学校と比較しても先進的な取り組みをしているだけに正直不安はありました。

ただITスキルの向上は本校が考える生徒の学びにおいて重要な点であることは間違いないため、ICT機器を使った調べ学習のほかプレゼンテーション、生徒保護者への連絡やお知らせのオンライン化や振り返りシート、活動報告書の電子化など様々な取り組みと並行し、生徒のITスキル向上のための土壌づくりに取り組んで参りました。

そうした取り組みを5年間続けていく中で年々、生徒のITへ関心が高まっていることは肌で実感出来るほどでした。本校では希望選択制講座としてエデュケーショナル・デザインのプログラミング講座を導入しておりますが、2020年度は本講座の募集を開始すると即定員が埋ってしまうほどの人気のSGT講座に成長しました。

生徒の中には、「SGTのプログラミング講座が楽しみで仕方ない!」「こんなに楽しい勉強方法があるなんて、驚き!」など参加生徒からも非常に好評です。また導入当初は、男子の生徒が多かったのですが、近年は女子生徒の参加も増えておりITへの関心は確実に強くなってきていると確信しました。また2021年1月から導入された大学入学共通テストも25年から出題科目に「情報」が追加されます。2022年度から高校の学習指導要領が新しくなるためそれを基に学ぶ現在の中学3年生が、高校3年生になった時に受ける25年1月の試験に関係してきます。出題内容は、プログラミングを扱う「情報Ⅰ」が出題範囲です。
そこで令和3(2021)年度は、昨年のSGTの定員を倍にして生徒のITへの関心に全力で応えられるように準備を進めていく予定です。

さらにITへの関心が高まってきた生徒への次のステップとして、テキストコーディングをゲーム制作を通して楽しく学べる「Roblox」の講座導入も検討しており、生徒がどのような反応をしてくれるのか、楽しみではあります。

授業風景

IT教育の実践は生徒と社会をつなげるための有効的な手段である

現代ではエンジニアを目指す生徒だけにITスキルが求められるわけではありません。例えば、医師を目指す生徒であってもVRでオペの練習をしたり、患者の病状をAIで分析したりなどITで何かを学んだり、体験したりする機会は大いに存在します。

これからさらにIT社会が発展していく中で、子どもの頃からITに触れてITに強い人材に成長することで社会との接点や将来の選択肢をより増やすことが可能です。その一方でITに頼り過ぎることはバランスの良い成長にとって適切ではない場合もあるかもしれませんが、あくまでITに触れるきっかけとして社会で活躍するためのITスキルを高めて欲しいと思います。

授業風景

静岡学園中学校・高等学校

静岡市葵区東鷹匠町にある私立中学校・高等学校。普通科目の学びだけではなくボランティア活動やインターナショナルプログラム等、生徒の知的好奇心を刺激し高い志を身につけられる機会も幅広く用意。またサッカーの強豪校としても知られる。

住所静岡県静岡市葵区東鷹匠町25

ホームページhttps://www.shizugaku.ed.jp/

校舎写真

VOICES

導入事例のご紹介

ライン

1

トップに戻る